船舶解体とは?処分費用や流れについて解説

船舶解体とは?処分費用や流れについて解説

船

船舶解体について

船舶解体は、船舶をスクラップすることにより、金属などとして新たな価値を見出す作業です。また、再利用可能なパーツを取り出すことも指しています。一昔前までは、船を海の底に沈めて処分していたこともありますが、最近では環境保護のために禁止されています。

船

廃船の処費用

使わなくなったボートなどの船を処分したいと考えている方の中には、処分費用がかかってしまうと考えている方がいるでしょう。廃船であっても、使えるパーツや再利用可能なパーツを取り、買取することができます。この買取金額と廃船の処分費用を相殺させることができます。ボロボロな船であっても、無料で回収される可能性があるので、一度業者に問い合わせてみましょう。

船

買取可能な船

ある程度の規模であれば、どのようなタイプの船であっても買取してもらうことができます。プレジャーボートやセールクルーザー、漁船、観光船などといった船がよく買取されています。他にも鉄船や金属船、和船なども買取することが可能となっています。

船舶解体の流れ

船

問い合わせ

船舶解体を依頼する業者に問い合わせをします。この時に、船の状態を確認するために、写真を要求されることがあります。あらかじめ用意しておくといいでしょう。

見積もり

写真と船の種類を伝えることで、見積もり金額が提示されます。提示された金額に納得することができたら、引き取る日を決めます。業者と都合のいい日を話し合って決めましょう。

引取り

依頼した日になると、業者の人間が訪ねてきます。そしたら、船を持っていってもらいましょう。船の解体などが終了したら、指定した口座に買取金額が振り込まれます。

広告募集中