サラリーマン

中国とのスムーズな交流は翻訳で実現|異文化の相乗効果

さまざまな文書で利用する

民族衣装

専門知識が必要

韓国はすぐ隣の国で、企業間の取引も多いため、契約などで文書を韓国語に翻訳するための、サービスに需要があります。韓国語への翻訳サービスを利用する場合、注意すべき点は、専門的な文書の翻訳の実績があるかどうか、確認することです。医薬品や工業用語などの出てくる文書の翻訳の場合、翻訳する人に専門的な知識が必要となるため、専門分野に精通した翻訳サービスを利用する必要があります。契約の書類の場合には、韓国の法律にも精通している必要があるため、どのような分野の翻訳を行っている業者か、事前に調べてから依頼することが大切です。料金も業者によって違い、1文字あたりで単価が決まっている場合と、原稿用紙単位で価格が設定されている場合などがあります。

オンラインでも利用できる

韓国語の翻訳サービスの特徴は、日本語で書かれたあらゆる文章を、韓国語に翻訳できることです。契約書などのビジネス文書や、小説などのエンターテインメント分野まで、さまざまな文書で利用できます。パンフレットやコマーシャルなど、広告分野の場合には、意味を正確に伝えるだけでなく、印象に残りやすいフレーズを使うことも重要になります。映像の翻訳や、テープ起こしなどを依頼できるサービスもあり、どのようなサービスを行っているか、公式サイトなどで調べることができます。これらのサービスを利用する場合、最低文字数や最低利用金額などの、設定がある場合が多くなっています。オンライン上で利用できるサービスもあり、低価格で利用できるのが特徴です。